09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


スポンサー広告

☆ 13日の金曜日 だから? ☆

2012年01月13日
ダックス 


今日は、13日の金曜日。
 
会社で、誰かがちょっとした失敗をすると

「今日は13日の金曜日だから」と笑い話にしています。


フリフリ~ 


ところで、13日の金曜日ってなに??


調べてみたら、ウィキには、こう書いてありました。
 
「イエス・キリストが磔刑につけられたのが 13 日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」という俗説があるが、正しくない。
キリスト教では主の受難日を金曜日としているが、その日付は定めていない。
共観福音書からはその日は 15 日と読め、ヨハネによる福音書からは 14 日と読めるが
キリスト教の各派ともその日を確定していない。なお、当時はローマの暦とユダヤの陰暦が併用されており、福音書の日付は陰暦である。

キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は 17 日の金曜日であり
スペイン語圏では 13 日の火曜日が不吉だとされている。
13 日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスなどに限られる。
ただしフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもある。

これらの国で 13 日の金曜日が不吉とされる理由には、いくつもの説があるが、定かでない。
13 を不吉な数とするものと、金曜日を不吉とするものが独立して生じ、それらが合体したものであるという説が有力である。
13 日の金曜日を不吉とするのは 19 世紀になってからだとする意見もある。

13 日の金曜日に関して、いくつかの説を挙げる。

キリストの最後の晩餐に 13 人の人がいたことから、13 は不吉な数とされた。
また、キリストが金曜日に磔刑に処せられたとされていることから、13 日の金曜日が不吉であるとされるようになった。
一説には、イヴによるアダムの誘惑も大洪水からノアが脱出したのもバベルの塔が壊されたのも 13 日の金曜日だと言われるが、聖書にそのような記述はない。

北欧神話では 12 人の神が祝宴を催していた時に、13 人目となる招かれざる客ロキが乱入して人気者のバルドルを殺してしまったとされ、キリスト教以前から 13 を不吉な数としており、13 日の金曜日についても伝説を持つ。
それは魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが 11 人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいたからだという。
なおゲルマン諸語で「金曜日」を表す語は「フリッグの日」に由来する。
フィリップ 4 世がフランス全土においてテンプル騎士団のメンバーたちを一斉に逮捕したのが
1307年10月13日の金曜日だった。



フリフリ~ 



ほぼ無宗教な日本では、ただのイベントのネタにしかなっていないと思うのは

ワタシだけでしょうか。(笑)


関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。