05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


スポンサー広告

☆ オデッセイ(RB1)に地デジチューナーを付けました ☆

2011年12月19日
ダックス 


オデッセイ(RB1)の地デジを探しまくって

結局、オートアールズの「RSC-1500」に決定しました。

前回の記事は  こちら



この地デジチューナーは、コムテックの「DTW1500」と同じもの。

コムテックのサイトは  こちら


コムテックなら国内メーカーだし、レーダーなども使っているので安心できます。

RSC-1500取り付け






本体の写真です。

この地デジチューナーは、出力が2系統あるので

リアモニターへの接続も可能になっています。

RSC-1500取り付け





反対側の面には、B-CASカードと更新プログラム用のMicroSDがあります。

RSC-1500取り付け 
 




||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||


楽天で、12,800円で売ってるし・・・

オートアールズのより、3,000円も安い






line13.gif 


img9a6c76f3zik1zj.gif 


では、地デジチューナーの取り付けを説明します。 

これは、RB2でも参考になるかな? (RB系全部?)  


 


フィルムアンテナを貼り、アンプをアンテナに貼りつけます。

それからケーブルを、天井に押し込みます。

道具は何も使いません。

RSC-1500取り付け

アンプとアンテナには、「合わせる目印」があるので

難しい作業ではありませんよ。


 


次にアンテナケーブルを、天井とAピラーのつなぎ目に埋め込みます。

(写真はありませんが)

RSC-1500取り付け 

ワタシのオデッセイは、サイドカーテン・エアバッグが付いていますので

Aピラーのカバーを外すことが出来ません。 




 

アンテナケーブルは、ドアのシールを取ってAピラーに沿って埋め込みました。

ドアのシールは、手で引っ張れば簡単に取れます。

RSC-1500取り付け



 

車内側から見ると、こんな感じ。

Aピラーを剥がさなくても、簡単に配線することが出来ました。

RSC-1500取り付け 

シールを取ると、隙間がガッツリ開いてますので

ケーブルの引き回しは簡単にできますよ。



 

次にステップのカバーを剥がし、カバーの下にケーブルを埋めます。

RSC-1500取り付け 
 
ステップのカバーも、手で引っ張れば簡単に剥がれます。




運転席の下にケーブルを這わせ、助手席まで伸ばしました。

助手席側も同じように引き回してます。

これでアンテナケーブルの取り付けと引き回しは終了。

所要時間は、左右で30分程度でした。



ちなみに、アンテナケーブルのコネクタです。

何かの役に立つかなぁ~と思って、撮ってみました。(笑)

RSC-1500取り付け




img9a6c76f3zik1zj.gif 


 
お次は、本体の設置場所です。

助手席下のマットを剥がしても、スペースがありませんでした。(;。;)
 
ここには入らないですね。。

RSC-1500取り付け 



 

でもここには、DOPのリアモニター用のコントロールBOXがあります。

せっかくなので、このコントロールBOXの電源からACC電源を取り出すことにしました。

RSC-1500取り付け



 

こんな感じでACC電源を取り出します。

RSC-1500取り付け




 

アースは、近くのネジからとります。

RSC-1500取り付け



 

 


常時電源は、ヒューズBOXから取り出しました。

どのヒューズから取り出そうと悩んだのですが

ヒューズが切れても安全性に影響が無い、3列目シートのヒューズから取り出すことに。

RSC-1500取り付け 




オデッセイ(RB1)のヒューズは「ミニ」タイプです。

エーモンから出ているアダプタを使って、電源を取り出しました。




 


ワタシのオデッセイのヒューズBOXは、こんな風になってます。

装着オプションによって、違っているかもしれませんが参考までに。

(NO.29~NO.32はACC電源でした)

RSC-1500取り付け 





「どこから電源を取り出せばいいのかわからん」って人が多いと思いますが

簡単なのは、ヒューズBOXからです。

常時電源は、キーを抜いた状態でも電気が流れているヒューズです。
 
ACC電源は、キーを1つ回したところで電気が流れているヒューズです。


エーモンから「検電テスタ」が500円程度で出されていますので

コレを使えば、すぐに探し出せますね。






waiwai.gif 

 


電源を取り付けたら、本体を助手席下に設置して完成です。

写真は、助手席の後ろから見たところです。

RSC-1500取り付け

一番右が電源コードですが

赤がACC電源、黄色が常時電源、黒がアースです。




助手席の前側から見るとこんな感じです。

RSC-1500取り付け
 
ワタシのオデッセイは、MOPのサウンドシステムが載っていますので

助手席下はこんな感じになってます。





RCAケーブルは、センターテーブルのビデオ端子に付けました♪


引き回しを考えながらの設置時間は、1時間くらいですね。



line13.gif 



img9a6c76f3zik1zj.gif 



これがリモコンです。

RSC-1500取り付け



 


リモコンは非常に小さいです。

RSC-1500取り付け

ワタシの手は、標準的な大きさだと思いますが・・・(笑)


 


リモコンの受光部は、どこに置くか思案中です。

RSC-1500取り付け

受光部のケーブルが埋められそうな場所が無い。

このまま、ぶら下げておくのも悪くないかもと思ってしまった。(笑) 
 


line13.gif 


使ってみた感想です。



ワタシは北関東の栃木・群馬・埼玉・茨城の4県に隣接する

県境に住んでいるのですが、走行中は滅多に12セグにならないですね。

でも、ワンセグなら、途切れることなく写ります。

12セグからワンセグに変更する時は、若干途切れますが

余程、神経質な人じゃ無い限り不満は無いと思います。



リモコンは3m以内であれば届きますので

リア席からも十分に操作できます。(音量調整もOK)


本体が非常にコンパクトなので、設置場所にも困りません。

購入して良かったと思います。




line13.gif 



後日談


リモコン受光部の配線を行いました。  こちら


関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


Car & Bike | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。