08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


スポンサー広告

☆ 栃木 古峰ヶ原~足尾銅山 ☆

2011年09月17日
古峰ヶ原で古峯神社を見学し後

進路を西にして、山道を進みます。


目的地は「足尾銅山」です。



・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

ただし、古峰ヶ原(県道58)~足尾銅山(県道15)は

「勝雲山」を走ります。

数え切れないカーブと、すれ違えない道幅・・・

このルートは、初心者と自分勝手野郎にはおすすめしません。


この日は雨だったから、山道が雲の中に入ってしまい

前方の視界は2m程度・・

恐怖ですよ!




ダックス 



足尾銅山は江戸時代から昭和40年代まで、銅を採掘していた山です。

有名な「足尾鉱毒事件」の舞台であり、日本最初の公害となっています。

渡良瀬川の汚染は、利根川にまで広がり

現在の渡良瀬遊水池(栃木・群馬・埼玉・茨城)にあった

「谷中村」が廃村になりました。

詳しくは「こちら


line13.gif 



では、坑道に入ってみましょう♪


img9a6c76f3zik1zj.gif 


駐車場の目の前に、入り口があります。

足尾銅山






入り口から徒歩で歩くこと3分くらいで

左手にチケット売り場があります (大人800円)

足尾銅山



建物に入って、時間になったらトロッコに乗って坑道に向かいます

入り口で買ったチケットは、ここで渡します




【世界の車窓から】


今日の車窓は

足尾銅山 ~トロッコ編~

足尾銅山





タイトル:トロッコの車窓から

足尾銅山


トロッコはフルオープンだから、窓はないんですけどねぇ~

あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)




line13.gif 


img9a6c76f3zik1zj.gif 

5分くらいトロッコに乗ると

坑道の中に入っていきます。

足尾銅山



坑道の中の「駅」もどきでトロッコを降りたら、ひたすら歩きますよ~





まずは、1,200キロ以上の坑道入り口を「見ます」

見るだけです、1,200キロ歩きません

足尾銅山 

というか「1,200キロ」の単位は何だ? ”グラム”じゃないことを祈る

プププッ (*^m^)o==3




天井の高さは、180cmもありません

足尾銅山


あと「数10センチ」で2mを超えるワタシは

ずーっと頭を ” 傾け ” ながら歩いてました

後ろからワタシを見ていた人は、何をそんなに悩んでるんだろうと思ったかもね。(笑)





こちら、足尾銅山で働いている人です

よほど先を急いでいるのか、挨拶しても無視されました

足尾銅山




こちらは、ドリル3兄弟

服装がラフすぎるでしょ。。

足尾銅山 




ドリル3兄弟にも、近代化の波が・・

帽子はヘルメットに代わり、ドリルは強力になりました

足尾銅山






坑道はこんな感じ

働くおじさんたちは、この両脇にいるんですよ~

足尾銅山




坑道を抜けると、坑道の資料館がありました


そそられる被写体が無く、唯一あこがれの「インゴット」があったのでパチリ

足尾銅山 

金のインゴットだとうれしかったけど

銅だと、砥石にしか見えなかったりする



img9a6c76f3zik1zj.gif 


こちらは外にある「お金の博物館」っぽい建物

いまだに何の建物かわかってないワタシ・・(笑) 

足尾銅山





お金の作り方が模型で展示されてました (たぶん)

足尾銅山 




本物と思われるお金がたくさんありました♪

足尾銅山 





500円札が懐かしい♪

足尾銅山




昭和の紙幣額

足尾銅山




銅山なのに、紙幣がたくさん

足尾銅山




ダックス 


渡良瀬遊水池の歴史を知る上で、足尾銅山は欠かせません。

興味がある方は、行ってみてはいかがでしょうか。
関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。