08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


スポンサー広告

☆ 栃木 足尾銅山~草木湖 ☆

2011年09月17日

足尾銅山を後にして、草木湖に向かいました。


特に草木湖に行きたかったわけでは無く

お昼ご飯を食べたかったのです。

時間は既に14時近く。

足尾に、お店が無いからさぁ~


・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

足尾銅山にお土産物屋があったのですが

ご飯を食べたいと思わせる店じゃ無かったので・・



line13.gif 


足尾銅山から走ること30分くらいでしょうか

「旅の駅」がありました♪

足尾銅山の帰り道 



草木湖の案内板があった♪

草木湖




駐車場から、草木湖が見えます

草木湖





旅の駅に入ってみると、お土産と食堂がありました。




まずは腹ごしらえの食事♪

食券を買ったら、テーブルに座って番号を呼ばれるのを待つだけです。


普通は食券を窓口に出しますが、この食堂は

券売機のデータが、そのまま厨房に伝わるので

食券を出す必要が無いんだって。

足尾銅山の帰り道



セルフサービスの冷たい番茶をすすりながら、待つこと5分。

「舞茸うどん」が出てきました♪


ドライブ先では、地物を使った料理を食べないとね~

舞茸うどん 


舞茸を素揚げにして、うどんにのせていました。

舞茸の香ばしさが鼻腔をくすぐり、うどんのコシもあって

とても美味しかったですよ♪




草木湖の案内板を見ると、ワタシの誕生日と同じ道路があった。

こういう意味も無いつながりが、以外と楽しかったりする。(笑) 

草木湖



この後、自宅に向かいました。



line13.gif 


ダックス 


朝の9時に家を出て、家に着いたのが17時過ぎ。

古峰ヶ原~足尾銅山~草木湖は、山あり谷あり湖ありで

ともても楽しいルートでした。


でも、1つ前の記事でも書きましたが

古峰ヶ原(県道58)~足尾銅山(県道15)への山道ルートは

初心者と自分勝手野郎にはおすすめしませんが

もし走るのであれば、対向車には注意してくださいね♪

関連記事
スポンサーサイト



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)

☆ 栃木 古峰ヶ原~足尾銅山 ☆

2011年09月17日
古峰ヶ原で古峯神社を見学し後

進路を西にして、山道を進みます。


目的地は「足尾銅山」です。



・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

ただし、古峰ヶ原(県道58)~足尾銅山(県道15)は

「勝雲山」を走ります。

数え切れないカーブと、すれ違えない道幅・・・

このルートは、初心者と自分勝手野郎にはおすすめしません。


この日は雨だったから、山道が雲の中に入ってしまい

前方の視界は2m程度・・

恐怖ですよ!




ダックス 



足尾銅山は江戸時代から昭和40年代まで、銅を採掘していた山です。

有名な「足尾鉱毒事件」の舞台であり、日本最初の公害となっています。

渡良瀬川の汚染は、利根川にまで広がり

現在の渡良瀬遊水池(栃木・群馬・埼玉・茨城)にあった

「谷中村」が廃村になりました。

詳しくは「こちら


line13.gif 



では、坑道に入ってみましょう♪


img9a6c76f3zik1zj.gif 


駐車場の目の前に、入り口があります。

足尾銅山






入り口から徒歩で歩くこと3分くらいで

左手にチケット売り場があります (大人800円)

足尾銅山



建物に入って、時間になったらトロッコに乗って坑道に向かいます

入り口で買ったチケットは、ここで渡します




【世界の車窓から】


今日の車窓は

足尾銅山 ~トロッコ編~

足尾銅山





タイトル:トロッコの車窓から

足尾銅山


トロッコはフルオープンだから、窓はないんですけどねぇ~

あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)




line13.gif 


img9a6c76f3zik1zj.gif 

5分くらいトロッコに乗ると

坑道の中に入っていきます。

足尾銅山



坑道の中の「駅」もどきでトロッコを降りたら、ひたすら歩きますよ~





まずは、1,200キロ以上の坑道入り口を「見ます」

見るだけです、1,200キロ歩きません

足尾銅山 

というか「1,200キロ」の単位は何だ? ”グラム”じゃないことを祈る

プププッ (*^m^)o==3




天井の高さは、180cmもありません

足尾銅山


あと「数10センチ」で2mを超えるワタシは

ずーっと頭を ” 傾け ” ながら歩いてました

後ろからワタシを見ていた人は、何をそんなに悩んでるんだろうと思ったかもね。(笑)





こちら、足尾銅山で働いている人です

よほど先を急いでいるのか、挨拶しても無視されました

足尾銅山




こちらは、ドリル3兄弟

服装がラフすぎるでしょ。。

足尾銅山 




ドリル3兄弟にも、近代化の波が・・

帽子はヘルメットに代わり、ドリルは強力になりました

足尾銅山






坑道はこんな感じ

働くおじさんたちは、この両脇にいるんですよ~

足尾銅山




坑道を抜けると、坑道の資料館がありました


そそられる被写体が無く、唯一あこがれの「インゴット」があったのでパチリ

足尾銅山 

金のインゴットだとうれしかったけど

銅だと、砥石にしか見えなかったりする



img9a6c76f3zik1zj.gif 


こちらは外にある「お金の博物館」っぽい建物

いまだに何の建物かわかってないワタシ・・(笑) 

足尾銅山





お金の作り方が模型で展示されてました (たぶん)

足尾銅山 




本物と思われるお金がたくさんありました♪

足尾銅山 





500円札が懐かしい♪

足尾銅山




昭和の紙幣額

足尾銅山




銅山なのに、紙幣がたくさん

足尾銅山




ダックス 


渡良瀬遊水池の歴史を知る上で、足尾銅山は欠かせません。

興味がある方は、行ってみてはいかがでしょうか。
関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)

☆ 栃木 古峰ヶ原~足尾銅山 ☆

2011年09月17日
カエル 

本日は、朝からどんより曇り空です。


先日、会社の人に

「栃木には、でっかい天狗が奉られている神社があるんだよ」

って、話しをしました。


みんな、「ふーん」ってな感じだったのですが(笑)

ワタシ的には、久々に行ってみたい衝動に駆られました。


その神社は、栃木県の鹿沼市にある「古峯神社(ふるみね)」と言い

その周囲は「古峰ヶ原(こぶがはら)」と言います。



line13.gif


今日は休み。

外は曇りですが、地デジの天気状況を見ると

目的地だけ雨が降っているようです。

w( ̄△ ̄;)wおおっ!



それでも、ウチから2時間もかからない距離にあるので

行くことにしました。


昔は地図を片手に・・でしたが

今はナビが教えてくれますので、道に迷うことはないでしょう♪




line13.gif 


ダックス


栃木市から鹿沼市に向かう辺りで、前が見えないくらいの土砂降り!


「向こうについても土砂降りだったら、車中から出られないなぁ~」

と思い、途中で引き返そうかと思って自問自答してみたら

ワタシの中の「強いワタシ」が

行くっかねーべ! ハンパはきれーだ!!

って言うので、そのまま行くことに♪ (笑)



鹿沼の市街地から西に向かって「古峯街道」があります。

その道は1本道で、古峯神社に到着します。



img9a6c76f3zik1zj.gif 


途中の清流では、鮎釣りをしている人が何人もいました

川がきれいでしたよ~

大芦川




途中に古峯神社、1の鳥居をくぐり

さらに走り続けます

古峯神社 1の鳥居




不安になるくらい走ると古峯神社の看板が出てきて

突き当たり右側に駐車場が見えます。


写真は、神社側から撮影しました
鹿沼方面からだと、写真の左奥から登ってくることになります

古峯神社




車を降りて土産物屋を過ぎると、古峯神社の入り口です

古峯神社 参道



入り口にも川が流れています

古峯神社




川を渡ると、古峯神社です

古峯神社




鳥居をくぐると、左前方に大きな天狗の石像が建っています

古峯神社 


天狗の石像には、小銭がたくさん置かれていました

日本人、どうしてこのようなところにまで小銭を置くのだ?





天狗の石像を左手に見たところに

本殿の入り口につながる、階段があります

古峯神社




階段を上りきったところに、本殿があります

正面にお社があり、右手に本殿の入り口(玄関)があります

古峯神社




よくわかりませんが、この社が一番古いものです

古峯神社





本殿の前に、お守りの売店がありました

古峯神社



本殿の屋根には、天狗がいました♪

古峯神社



line13.gif 


では、中に入ってみましょう♪

img9a6c76f3zik1zj.gif 



本殿の廊下です

すっごくきれいになってます

古峯神社




廊下には、たくさんの天狗が飾られてます

古峯神社




本殿の中は、たくさんの座敷があります

その中の1室に、特大の天狗のお面があります

古峯神社




特大お面のサイズです

170cmあると書いてあります

古峯神社




こちらは「拝殿」と表現すればいいのでしょうか

一番の大広間なのですが、数十人の方が「ご祈祷」が始まるのを待っていました

古峯神社



大広間の右手には「大天狗」が1体鎮座してます

わかりにくいですが、高さは2mを超えてます

古峰神社




大広間の左手には「カラス天狗」

こちらも2mを超えていました

古峯神社




拝殿(?)をズームしてみました

古峯神社




line13.gif



古峯神社の外側は、庭園もあり緑が多くマイナスイオンがたくさんです♪

古峯神社


山の奥にある、四季折々の顔を見せる神社

この日は雨でしたが、雨も趣があってよかったですよ♪


・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

でもね、鹿沼の市街地を抜けたら、お店がありませんので

トイレやお菓子などは、事前に済ませておいた方がいいです。


ダックス 



おまけ


<由緒> 神社HPより抜粋

今を去る1300余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を
慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。

その後、古峯ヶ原は、日光を開かれた勝道上人という僧侶の修行の場となり、上人は古峯の大神の
御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、天応2年(西暦782年)日光の男体山に
初めて登頂し大日光開山の偉業を成しとげられました。

この縁起にもとづき、日光全山26院80坊の僧坊達は、勝道上人の修行にあやかって、年々古峯ヶ原(古峯
神社を中心)に登山、深山巴の宿で祈願を込め修行する慣わしとなり、その修行は明治維新に至るまで、
千余年の永きに亘って行なわれました。

古峯神社はこのような古峯大神のご利益の顕著を以って全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰な
どに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。明治初年には
太政官布告により、神仏分離が行なわれ、仏具一切を取り除き、純然たる古峯神社となり、現在にいたって
おります。

関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)

☆ 和田アキ子に激似!? ☆

2011年09月10日
ダックス 


何気なく、我が家で採れたゴーヤを並べてみた。



じーっと見ていると








和田アキ子(さん)に似ている

・・・気がしないでも無い。

タイトル:和田アキ子



♪ 永谷園のマーボー なんちゃら~ ♪


あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)


アッコさん、ごめんなさい。m(__)m


関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


花・ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0)

☆ 我が家に光を! フレッツ光の工事です ☆

2011年09月10日
まだまだ暑い日が続く地方


今日は、フレッツ光ネクストの工事です。

koujig2.gif 


一番悩んだのは、どういう形で申し込みをするかでした。


・回線事業者である「NTT東日本」にするか

・現在、加入しているプロバイダにするか

・プロバイダを見直す意味で、新規でプロバイダを探すか



line13.gif 

NTT東日本やプロバイダを、さんざん調べた結果

価格COM」経由で、プロバイダを新規に申し込むことにしました。


なぜかって?

62,000円のキャッシュバックに負けたからで~す♪

(ΦωΦ)ふふふ・・・・


キャッシュバックには条件があって、それは

「8ヶ月間、申し込んだプロバイダを使い続けること」 でした。


これは変えるつもりはないし、もーまんたいです。


line13.gif


では、工事の状況をお伝えします。


img9a6c76f3zik1zj.gif 


現在、電話線を宅内に入れている部分です。

下のグレーのパイプから、電話線を引き込んでます。

フレッツ光ネクスト工事(1)



我が家では、電話とインターネットを集中管理している「情報分電盤」は

2Fにあるのですが、なぜか電話線は1Fから引き込まれてます。

フレッツ光ネクスト工事(2)




意味はないけど、引き込み前の電線を撮ってみた♪
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

フレッツ光ネクスト工事(3)




これが「情報分電盤」です。

白いのがADSLモデム、黒いのが無線AP

青いケーブルは、各部屋に伸びている有線LANです。

フレッツ光ネクスト工事(4) 



NTT東日本の工事の人が持ってきた「光ルータ(ONU) PR-400NE」と

落雷対策の「サンダーカット A-2」

フレッツ光ネクスト工事(5) 




壁の中から光ファイバーを通すので、情報分電盤を外したところです

フレッツ光ネクスト工事(6) 



でも結局、光ファイバーを外から壁の中を這わせることが出来ずに

外壁に穴を開けて引き込みました。

フレッツ光ネクスト工事(7) 



外からドリルで穴を開けました。

バッチグーな位置に、工事人の腕の確かさを感じました♪

フレッツ光ネクスト工事(8)



電柱のパネルを操作する工事人さん

壁に穴を開けさせたら日本一♪

フレッツ光ネクスト工事(9)



床や壁が傷つかないように、養生しています。

フレッツ光ネクスト工事(10)



開けた穴から、光ファイバーを宅内に入れたところです。

情報分電盤を外した意味は、この時点でなくなりました。(笑)

フレッツ光ネクスト工事(11)




情報分電盤に、光ルータを固定しました

フレッツ光ネクスト工事(12)




外壁に取り付けたフックです

黒いケーブルが光ファイバー

フレッツ光ネクスト工事(13)



固定フックを、ドアップで見たかったので

ドアップで撮ってみた♪

フレッツ光ネクスト工事(14)



電線(付近)から分岐している光ファイバー

(写真を拡大して、奥の家の窓を覗かないでくださいね♪)

フレッツ光ネクスト工事(15)



もう一回、壁の固定フックを見たくなったので・・・(笑)

フレッツ光ネクスト工事(16)




外壁に開けた穴から、光ファイバーが家の中に入っています

穴をふさぐのは、この白いカバーです

(昔の呼び鈴ではありません)

フレッツ光ネクスト工事(17)



宅内にも、昔の呼び鈴(配線穴のカバー)が取り付けられました

ケーブルを隠すように、ケーブルカバーをつけてます

フレッツ光ネクスト工事(18)



しつこいようですが、ケーブルカバーがついてます♪(笑)

フレッツ光ネクスト工事(19)




落雷から光りルータと電話回線を守る、サンダーカットです

電話は2回線接続可能


フレッツ光ネクスト工事(20)



line13.gif 


工事は、以上です。



外壁に穴を開けたけど工事の追加料金は取られませんでした。

が、後日請求書を見たら、ADSLの撤去に3,500円くらい取られたかな。

フレッツ光の工事と合わせると、今回の工事代金は7,000円程度でした。


関連記事



励みになりますので、よろしければ左上の『拍手』をお願いいたします♪


line13.gif


記事の写真をクリックすると、「フォト蔵」に飛びますので
そちらで大きな写真として見ることが出来ますよ♪


パソコン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。